最近の記事

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #4 喪失

「生き残るわよ、絶対に!」

前回のタマキ被弾からの引きで今回は冒頭からいきなり過去回想エピソードが盛り込んであったりとあからさまに死亡フラグを回収してるように見せかけて実は無事でした!というのは想定の範囲内でござった。
というか4話目にしてレギュラーキャラが死亡とかさすがにあるわけないよねHAHAHA
イズル達が専用のアッシュに乗ることはもう訓令校にいた時点で決まってたのか。
問題を抱えてて通常は使えないようなチームでも別の見方をすれば他よりも使えるというのはレギュラーキャラ補正があるからですよ('A`)
搭乗者の生存本能が高まるとそれにジュリアシステムを搭載した機体が答えてくれるというのは専用機という相棒としての存在感があっていいな。
レッドファイブの腕アーマーがまさか分離してシールドビットばりの活躍をするとは・・・。
タマキを援護してなんとか逃がしたのはいいけれど今度はケイが大ピンチというところでサクラ大戦の大神隊長ばりにイズルが体を張ったダメージ身代わり防御。
大神隊長はこれで庇った隊員の好感度が上がる上にノーダメージだったんだぜ?
さすがに敵の攻撃をモロ喰らって動けなくなりイズル自身が死亡フラグ回収かと思いきや一番美味しいところでサポート担当の先輩チームが助太刀参上。
主人公機ほど戦闘力はないけれどサポートという面では素晴らしいナイスフォローだったな。
結局今回のサブタイトルはタマキ喪失ではなくて幼少期に面倒を見てくれた養父母の記憶が喪失してるって意味だったのね。
地球側が相手よりも戦力上と言われても1話目のあのフルボッコを見てる感じではとても上には見えないんだがそこんとこどうなんだろ。
まあそんなことよりも酒を飲んで泣き上戸発動してるリンリンが可愛かった!
もうこれからはずっとリンリンとしか呼べないな。
それにしてもまさか巨乳整備長さんがお嬢様属性持ちだったとはいくらなんでも予想外すぎたわ。
レギュラーキャラの身代わりでチームドーベルマンの面々に死亡フラグが立ちそうな悪寒がしてるけれどたぶんきっと気のせいだな。

article-32.png2013年5月発売分

5/1

HJ文庫
六畳間の侵略者! ?13 (HJ文庫)
六畳間の侵略者!?13 著:健速

5/10

電撃文庫
僕と彼女のゲーム戦争 (5) (電撃文庫)
僕と彼女のゲーム戦争5 著:師走トオル
ご主人様は山猫姫 (12) 帝国再興編 (電撃文庫)
ご主人様は山猫姫12 帝都再興編 著:鷹見一幸

5/20

富士見ドラゴンブック
アリアンロッド2E・リプレイ・シュヴァルツ2  シェフィルと蒼茫の縛鎖 (富士見ドラゴンブック)
アリアンロッド2E・リプレイ・シュヴァルツ2 シェフィルと蒼茫の縛鎖 著:菊池たけし
ソード・ワールド2.0リプレイ  ルーン・うぉーかーズ1 (富士見ドラゴンブック)
ソード・ワールド2.0リプレイ ルーン・うぉーかーズ1 著:藤澤さなえ

5/24

MF文庫J
フレースヴェルグ・イクシードII 断約と守護の双斧 (MF文庫J)
フレースヴェルグ・イクシード II 断約と守護の双斧 著:七烏未奏

スーパーダッシュ文庫
カンピオーネ!XIV 八人目の神殺し 著:丈月城

オーバーラップ文庫
IS〈インフィニット・ストラトス〉 3 (オーバーラップ文庫)
IS<インフィニット・ストラトス> (3) 著:弓弦イズル

5/30

ファミ通文庫
セブン=フォートレス リプレイ シェローティアの空砦 (5)The End of Time (ファミ通文庫)
セブン=フォートレス リプレイ シェローティアの空砦 (5) The End of Time 著:菊池たけし
posted by 天介 at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラノベ購入予定表

article-32.png翠星のガルガンティア #3 無頼の女帝

「魚を釣ってきた者には真水を与えよ」

ベローズさん達を助けるために海賊達を華麗に殲滅したらなにしてくれたんだと逆に怒られてしまったでござる。
元々生まれてこの方相手を殲滅するためだけに生きてきたレドさんに助けを求めたらこうなることは確定的なんだが基本的に争いごとは好まずに出来るだけ穏便に交渉して事を済ませることで日々を生きてきた人間にはそれを察するというのは無理だよなあ。
せっかく人助けをして恩を売って交渉を有利に進められると思ってたのに海賊の一件でさらにややこしいことになってしまったものの案の定手下をやられた報復をするために出てきた親分との戦闘で加勢したらガルガンティアの住人に受け入れて貰えるようになるという展開。
なんという手のひら返し('A`)
海賊の親分がケバイおばさんに見えるけれどアレでベローズさんよりも歳がひとつしたらしい。
侍らしてた女の子二人組は奴隷なのかと思いきや手下だったのね・・・。
ベローズさんのたとえ話はとてもわかりやすいものだった。交渉役はこっちのほうが良かったんでは。
本気出すと一瞬で相手を消滅させちゃうから武装のみを破壊とかチェンバー杉田は今回は舐めフプオンリーだったけれどそれでも海賊の隠し球的ロボットを簡単に引きはがして降参しろと連呼しつつジャイアントスイングとか技術力というか機体性能の差が違いすぎてまともな戦いにもならんなw
どう考えても衝撃で死んでそうだけれどあの調子だとまた海賊のおばさんは登場しそうだ。
今回でようやくレドさんがガルガンティアに駐留して生活していける目処が付いたけれど後半はこのまったりムードを覆す展開になりそうな悪寒がする。

article-32.png革命機ヴァルヴレイヴ #2 666を超えて

「666の先になにがあるんだ!」「可能性だ(キリッ」

EDのサビの部分「僕じゃない〜僕じゃない僕じゃない〜♪」がまさかエルエルフくんが冤罪を訴えてる心情を表していたものだったとは・・・。

心臓を差し抜かれさらにトドメの射撃を受けたハルトがさっくり生き返ってエルエルフくんに噛み付いたところで前回終わってたけれど吸血鬼みたいに噛んだ相手を使役するのかと思いきやまさか精神乗っ取りで相手の体を自由に出来る能力だったという。
しかも相手が持つスキルすら思いのままに使えて再び自分の体を噛めばすんなり戻れるとか不死身の体だけでなくとんでもないチート能力を手に入れてしまったなあ。
代償として人間では無くなってしまったけれど。
エルエルフくんの体を乗っ取って彼の仲間を撃っちゃったから否応なしにエルエルフくんは裏切り者認定されて仲間から狙われることになってしまうとか可哀想すぎる。
ショーコを殺されてしまって怒りゲージ満タン中のハルトがなんの躊躇も無く非戦闘員すらもバンバン殺してたけれどついさっきまで争いの無い世の中が良いとか言ってた平和主義者がブチ切れただけでここまで豹変するのはおかしい気がするけれどやはり人間でなくなったから精神構造も変わっちゃったのかね。
それとも乗っ取った相手から少なからず影響を受けてしまうのか。
初めての宇宙戦闘&敵の精鋭戦闘兵器登場で前回の無双が嘘のようにフルボッコになってたけれどそれよりもなぜかコクピットに乱入してきたサキさんが縄抜けしたエルエルフくんに人質にされてるのにショーコから電話が掛かってきた途端完全にスルーされてるのがあまりにもシュールすぎて思わず笑ってしまった。
人質取った上に銃突きつけてるのにまったくもって脅しになってないからとうとう最終的にはアドバイスする側になっちゃうとかエルエルフさんも大変だな。
前回は100になるとオーバーヒートしちゃってたけれど今回はそれを超えて666に到達した途端にハイパーモード発動でハラキリとかなんかとんでもないことになってたな('A`)
自分自身に剣を突き立ててるように見えるけれど一応アレってエネルギーコア?近辺に剣を突き通す分のスペースが空いてて直接コアからエネルギーを供給してハイバービームサーベル風になるようなギミックになってるのね。
火事場の糞力ばりに覚醒して敵を追い返したものはいいけれどカッとなってロボットに乗った結果が人間卒業ということになっちゃったから折角告白直前まで言ってたのに諦めるという残念な結果になってしまった主人公に明日はあるのだろうか?
登録時の免責からして碌な明日になりそうにないな・・・。
というかエルエルフさんがこれからどうなっちゃのかのほうが気になるわー。

article-32.pngはたらく魔王さま! #3 魔王、新宿で後輩とデートする





「魔王ってのは勇者に迷惑をかけてなんぼだろ?」


もう3話目なのにOPが公式MAD風なのはネタバレ防止のため・・・ではなく単純にまだ完成してないかららしい。
5話以降ぐらいに追加されるらしいけれどどんだけ作るのに手間が掛かってるんだ。
個人的には公式MAD風のOPは結構好きだからこのままでもいいんだけどねえ。
頻発する地震を相談事とネタにして本当はデートに持ち込もうと一生懸命にメールを打って送信するちーちゃんのヒロイン力はこの先もっと上がっていきます。
エミリアさんの仕事先わざわざ電話をしてきた謎の人物はボイスチェンジャーを使ってる割には誰が喋ってるのかモロバレだったなw
警察から電話掛かってきて落とした財布が帰ってきたのかと思いきや実は魔王さまの身元引受人になるために判子と身分証明書を持ってわざわざ警察署まで行く羽目になってエミリアさんの怒りが有頂天に。
まあ昨晩は家に泊めてもらってたんだしこれで貸し借り無しになったと思えば安いものだと。
ちなみになんでサバなのかというとサバは傷みが早く数も多かったらだそうな。
公衆の面前で大きな声で魔王とか勇者とか言っちゃうエミリアさんはどう見ても端から見たら中二病を発症した痛いOLさんです(´;ω;`)ウッ…
お前が私が倒すから他のヤツには倒されるなとかベジータ特有のツンデレセリフすぎるw
あまりにも酷すぎる台所事情を指摘されて精神的ダメージをモロに喰らってるアルシエルさんが色んな意味で面白い。
デートに備えて鏡の前でよし!とポーズをとってるちーちゃんはますますヒロイン力に磨きがかかってて良い感じですな。
ちーちゃんとのデートに備えて全身ユニシロではあんまりにもアレなのでへそくりを使ってまで魔王さまに良い服を着させようとするアルシエルさんが完全にオカンすぎて吹いたw
魔王さまとちーちゃんのデート風景を見てショックを受けてる顔とかアルシエルさん相手にブチ切れてるキレ顔とか相変わらずエミリアさんの顔芸がマジパネエ。
ってかちーちゃんの圧倒的戦力差がある胸を見て自分の控えめな胸を擁護するために必死に鳴なって言い訳するエミリアさん完全に中の人の自虐ネタになってるじゃないですかーやだー!
地下街アーケードのど真ん中でOLに正座させられる青年とか明らかに事案過ぎる。
静止も聞かずに店に入っていくエミリアさんを見てちょっとまてえええと叫ぶアルシエルさんの叫び声が本気過ぎて腹筋崩壊しかけたわw
ちーちゃんが度々受けてる局地的地震の正体は意思疎通をするためのいわば通信波みたいなもので副作用として地震が起きちゃってるという。なんというはた迷惑な。
しかしこの技術はお互いに母国語で意思疎通が出来るという翻訳こんにゃくにも負けない素晴らしい物だったりする。
なんとか魔王さまが仕事場の先輩風にフォローしてたのにエミリアさん乱入で完全に俺の宿敵と同僚が修羅場な状態になってしまったという。
エミリアさんが言ってることは正しいけれどあの状況じゃどう見ても男に捨てられて必死によりを戻そうとしてる人かただのストーカーにしか見えんわな。
修羅場発生してるところで唐突に今まで以上のエコーの影響で地下街が崩壊という大惨事に。
魔王さまが一時的に魔力を取り戻して元の姿に戻ってたけれどめっちゃ筋肉ムキムキマッチョマンになっててびっくらこいた。
あそこ確か原作では角が生えてるぐらいの程度だったはずなのにどうしてこうなった('A`)
なぜ魔王さまが魔力を取り戻したのかということは後々判明します。
次回は人間を助ける魔王さまとみて勇者が胸きゅんフラグ成立回と見せかけて○○な話になるようだ。

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #3 奇襲

「ケイならわかってくれ「ない!!」」

監視衛星の設置という簡単なお仕事をするはずが敵のエースに翻弄されまくりで醜態をさらしそれを延々とニュースでリプレイ再生されて無限死体蹴りをされるという(主にアサギが
ニコニコみたいな日本語でコメントとかが流れてた割には英語の他に謎の言語がニュースに使われてたけれどアレは一体なんぞや。
身体的ダメージはないものの精神的にはボロボロだぁ!な状態なのでストレス発散のためにバカンスに連れて行かれたけれど基本的にザンネンファイブというネガティブなレッテルを本人達が受け入れちゃってるから碌に精神的療養にならなかったでござる。
常にヒーロー思考なイズルさんはあんまり精神的ダメージを受けてないように見えるけれどなにからなにまで全てヒーロー至上主義とかどっから見てもあからさまに人間的に壊れてるよなあ。
ストレスマッハで胃潰瘍で死にそうなアサギが一番人間らしく見える。
なにげにケイさんがツンツンキャラに見えてチームメイトとの交流はちゃんと出来る人だったのが意外だったな。
というか部屋に帰ってきたイズルを迎えた姿はどう見ても若奥様にしか見えねえw
クリームが顔に付いてることを指摘されて赤面したりとかいいではないかいいではないか。
ケーキ作りとか女の子らしいことしてたけれど見た目がとてもアメリカンなものばかりで甘くても食べるのはきつそうだな。
さらりと養成所に入る前の記憶を消されたとか言ってたけれどこの作品って崩れた顔を多用してギャグやってるわりには設定がかなりシビアなんだよなあ。
伊達に戦うために作られた子供達を主人公にしてないというところか。
ザンネンファイブが言ってたバカンス先で何故かラクス様(2Pカラー)が居たけれどセリフ無かったりとなんのために出番があったのか謎すぎる。
イズルさんとの面識を持たせるためかな?
見るからに無能そうな指揮官による補給艦奇襲作戦はもう始まる前から失敗フラグがビンビン立ちまくり。
敵の補給艦かと思ったら精鋭揃いの偵察部隊だったとか予測外れにも限度があるぞ。
ただでさえヤバイ状況なのに碌な状況判断も出来ない無能指揮官による無謀な指示のせいで天然巨乳担当のタマキがフルボッコとかひでえ。
次回サブタイが喪失だったりタマキが出てるシーンも過去の回想シーンっぽかったりと不穏な感じがしまくりだけれど流石に3話でレギュラーキャラが退場とかそういうのはないだろ・・・ないよね?

article-32.png翠星のガルガンティア #2 始まりの惑星

「超、強い」

あんな短いスカート穿いてるのに全然見えないってどんだけ鉄壁なんだよと前回の感想で書いてたらまさかOPの時点で已に見えてるとは予想外すぎてびっくりしたわ・・・。
すったもんだあったものの取り敢えず膠着状態のままお互いが持ってる情報を交換して少しずつ信頼関係を築いていくの巻。
陸地かと思いきやヒロイン達がいる街は複数の船が合体して出来た集合体だったのか。
地球全土が完全に水の惑星になっちゃってるから当然と言えば当然か。
デンキウナギみたいな生物から日々生きるために使用する電気を頂きつつ海底に沈んでる昔の街から利用できる物をサルベージしてそれで生計を立ててるって感じかな。
完全に別の世界からの異邦人と化してたけれど同時通訳が可能なチェンバー杉田のおかげでそれなりにお互いの事情は把握できたっぽいな。
しかし戦ってる宇宙生物を超強いと言ったり空のコクピットを見せて中の人は居ませんよと確かめさせたりと味のある小ネタばかりでなかなか面白い。
魚の干物を目の前で食べて見せて相手にも同じ物を食べさせることによって敵意なし交渉の余地有りと確認する方法は長い年月が経とうが大体やり方が変わらないんだなw
サルベージ船を襲ってた海賊達がレーザー掃射で文字通り殲滅されてる所はあまりにも圧倒的すぎて思わず笑ってしまった。
格が違うってレベルじゃねーぞ!
助けることによって貸しを作るのはセオリーかもしれないが目の前であんなことやっちゃったらいずれ自分たちもやられるんじゃないのかと心配して今以上に不信感を持ってしまいそうな気がする・・・。

article-32.png革命機ヴァルヴレイヴ #1 世界を曝く






「譲れないなら戦うしかない」


ロボアニメ御用達のサンライズが送る今期三つ目のオリジナルロボアニメスタート!
随分前から宣伝してたりとかなり力を入れて出してきたわけですがとりあえず見てみた感じとしてはコイツは一体何なんだ・・・という困惑がが。
戦いを望まない内気少年タイプの主人公が周りにひっぱわまされながらも学生生活を満喫しあまつさえ両思いっぽいヒロイン?さんに告白しようとしたら他国のロボットがいきなり乗り込んできて告白キャンセルさせられた上にヒロインがビームの直撃喰らって消滅とか1話にしてはいくらなんでもイベント詰め込みすぎじゃね?という感じがして仕方なかった。
中立地帯な所の学園の地下に秘密兵器のロボを製造しててそれを狙って特殊な訓練を受けた少年兵みたいなのがそれを強奪しにくるも失敗して主人公が偶然にもそれに乗り込むという展開はまんま種と同じですなー。
しかしついさっきまで争うことが嫌だと言ってた主人公が目の前でヒロインが消失した所を見てヴァルヴレイヴに乗り込むシーンはあまりにも唐突すぎてマジでビックリした。
まさにどうしてこうなった・・・。
画面のコンソールに思いっきり起動するためのボタンうんぬんの表示が出てたのにそれをスルーしてレバガチャしてるしなんか1話目にロボ戦闘シーンを盛り込むために無理矢理展開を押し通した感がマジパネエ。
そしてニンゲンヤメマスカという登録条件に同意した後に表示された免責事項がなにげにやばすぎ。
機関より発令される全ての任務に対して拒否権を行使できないとか生殺与奪の権利は機関に帰属しますとか完全に後の展開で人間扱いされずに滅茶苦茶扱き使われるじゃないですかーやだー!
肝心のロボ戦闘はCGを使ってるとは思えないほど違和感無く背景とマッチングしててかなり見応えあった。
あの赤い光は一体何なんだろう。
一戦終えて一息ついてるところへヴァルヴレイヴを奪うつもりだったエルエルフが登場。躊躇無く主人公の心臓を刺し貫いた上にトドメの銃弾をお見舞いして瞬殺してたのに気がつけばニンゲンヤメマスカ?に同意した主人公が本当に人間やめてて噛み付いてくるとかどんなB級ホラーだよ。
ヴァルヴレイヴに登録する時に首筋に吸血鬼の噛み付くような装置が血を採ってたからあれで主人公も吸血鬼みたいなのになっちゃったっということなのか。
エンディングで色違いのヴァルヴレイヴが四機も出てたからクウガみたいにフォームチェンジするのかと思いきやアレ全部違う機体だったのね。
種と同じ展開をやってたということはアレ全部敵側に奪われて戦う事になるのかな。
なぜか五号機まで公開されてるのに二号機だけ非公開になってるのはロボアニメ定番の主人公乗り換え機体になるからなのか?
果たしてどうなることやら。

article-32.pngはたらく魔王さま! #2 勇者、仕事優先で魔王城に泊まる





「日本全国のさだおさんに謝れ!」


今期スタートのアニメの中で一番期待してた、はたらく魔王さまがまさか1話に続いて2話目も素晴らしい出来で今期アニメでの評判がうなぎ登りとか誰が予想したであろうか。
前回は魔王さまが勇者に敗れ地球にワープしてきて元の地に返り咲くためとりあえず一時的な拠点を構えるために戸籍やら色々と用意してハンバーガー屋でバイトして生計を立てたら宿敵の勇者とばったり遭遇というところまでだったなー。
勇者エミリアさん魔王にトドメを刺すためにゲートに飛び込んだものの仲間とはぐれてたった一人で異世界で生活することになるとは・・・。
魔王と再び遭遇するまで確か1年くらい掛かってるんだけれどその間の出来事は後日短編とかで語られるらしい。
宿敵を目の前にすると自然と攻撃モードになってしまうから毎回鋭い目の顔つきになっちゃうけれどこれはまあそれまでの経緯が色々とアレだから致し方ない。
しかしなんだか原作よりも顔芸が増えてるような気がするなw
魔王と同じく勇者も聖剣を使うための力が補給出来ずにじり貧状態なので100均のナイフで戦うしかないのです。
異世界の方では勇者として名を馳せたエミリアさんがこっちの世界では仕事を終えたあとトイレットペーパーを片手に誰も居ない家に帰り豪勢な夕食を家族で食べてる風景を流してるTV番組を見ながら出来合いの惣菜で夕食を済ませてるとか寂しすぎて泣ける(´;ω;`)ウッ…
一方魔王さまの方はキュウリとこんにゃくをおかずにしてご飯食べるとかこっちもこっちで貧乏生活そのまんま過ぎて泣けるw
魔王さまの家に来たものの鍵をかけられて実力行使で無理矢理開けること出来ずに延々と外で喚いていたものの次第に泣きが入るエミリアさんが残念すぎて腹筋崩壊寸前。
日傘さん滅茶苦茶楽しんで演技してる様が想像できて最高ですわ。
寂しい食事の中でも男二人で楽しくやってたところとめんどくさい女に乱入されて雰囲気台無しな感じがめっちゃでててさらに笑った。
こういう会話のやりとりで笑わせるとか脚本の出来が素晴らしい証拠だわ。
バイト先にエミリアさん現れて後で話があると言ってるのをテイクアウトの注文に置き換えるとか魔王さまコミュ力高杉ワロタ。
そういえばちーちゃん原作に比べてめっちゃ巨乳になってたんだけれどいくらなんでもアニメ補正とはいえ大きくしすぎじゃね?とちーちゃんが乳揺れする度に思ってしまう・・・。
あれで終始魔王さまへラブラブ光線出しまくりなんだぜ?最高だろ?
ぶっちゃけ勇者エミリアさんはツンデレではなくて終始ツンツンヒロインなので魔王さまへのデレ担当はちーちゃんなんだよねえ。
ちーちゃんが毎回訴えてる地震の原因が明らかになるのはもうちょっと先なのじゃ。
謎の襲撃者から襲われて逃げ回ってたら財布を落としてしまって宿敵であるはずの魔王さまに情けをかけてもらって一晩泊めてもらうことになったエミリアさんの悔し涙が切なさすぎて泣けるぜ。
次回は俺の宿敵と同僚が修羅場すぎるというサブタイになってもおかしくない状況になりそうだw

article-32.png翠星のガルガンティア #1 漂流者

「太陽系第三惑星、地球。これまで記録に置いてのみ存在を示唆されてきた人類発祥の星である。」

今期2つ目のロボアニメ。
こちらもオリジナルアニメーションで先の展開が全くわからないシリーズ。
人類が宇宙に進出してから長い時間経った後のお話で地球から宇宙に生活の場を移して順調に繁栄してきたと思いきや謎の宇宙生物っぽいものに阻まれて大苦戦、決戦兵器を用意して挑んだものの敵わず撤退してる途中で一人だけ取り残された挙げ句未知の場所へ放り出されてしまったパイロットのお話?
Aパートはそれこそ宇宙生物とのガチンコ対決をやってたのにBパートになった途端まるで別のアニメを見てるような錯覚を覚えるほど話が変わっててびっくり。
なんか出てくるロボットに違和感を感じてたけれどよく見ると頭が大きいから等身が低くて昔のSDガンダムちっくに見えちゃうからなのね。
しかし搭載AIみたいなヤツの声が杉田さんとか最近はっちゃけた役ばかりやってる気がするから淡々とセリフを喋ってると逆になんか笑えてくるな。
主人公が落ちた先は何処かの漂流コロニーかと思いきやそこは空気がちゃんとある惑星。
あの驚きようからするともうあんな感じの惑星とかいうのは皆無なのか。
宇宙に進出してからかなりの時間が過ぎちゃってるから言葉すら全く別の物になっちゃってるのね。
ヒロインはあんなに短いスカートなのにあれだけ動き回っても全く見えないとかどんだけ鉄壁なんだよ!とこれから毎回ツッコミ入れてしまいそうだ。
自分が降り立った地が人類発祥の地と知らされて衝撃を受けたままEDとか次回がとても気になる上手い引きだったなー。
はてはてこれからどうなってしまうのやら。
タグクラウド
2012夏アニメ 2012年夏アニメ 2012年夏アニメ 2012年春アニメ 2012年秋アニメ 2012年秋アニメ 2012秋アニメ 2013年冬アニメ 2013年夏アニメ 2013年春アニメ 2013年秋アニメ 2014年冬アニメ 2014年夏アニメ 2014年秋アニメ 2015年夏アニメ 2015年春アニメ 2016年冬アニメ 2016年夏アニメ 2016年春アニメ Aliens:CM Angel Beats! B型H系 CBT CODE:BREAKER DRACU-RIOT! DRACU-RIOT!  FateUBW figma GA文庫 HJ文庫 JINKI JINKI EXTEND RE:VISION K L4D2 MF文庫J MMO portal2 PV seきらら TERA WARKING!! WarZ WHITE ALBUM2 WHITE ALUBUM2 WORKING!! XBOX360 あそびにいくヨ! さくら荘のペットな彼女 しゃんぐりら しゃーまんず・さんくちゅあり そにアニ だから僕は、Hができない でぼの巣製作所 ぬらりひょんの孫 のーぶる☆わーくす はたらく魔王さま はたらく魔王さま! まおゆう まとめ みなとそふと ゆずそふと ゆっくり実況プレイ れでぃばと アクティヴレイド アニメ アリスソフト アリス2010 ウィッチクラフトワークス エロゲ エヴァ破 オーバーラップ文庫 カメンライダー ドラゴンナイト キルラキル ギアーズオブウォー2 ゲーム ゴセイジャー ゴセイジャー  ゴールデンタイム シンフォギアG ジュラシックパーク ストライク・ザ・ブラッド スーパーダッシュ文庫 セキレイ〜Pure Engagement〜 セーブデータ ソードアート・オンライン ソードアート・オンラインU タイタンフォール ダークネス2 テックジャイアン トランスフォーマー ドラゴンエイジ ニコニコ動画 ニコ動 ニセコイ バルドスカイゼロ バルドスカイゼロ2 パトレイバー ビビッドレッド・オペレーション ファミ通文庫 プライミーバル プレイ動画 マクロスΔ マジェスティックプリンス マルチプレイ モンスターハンター ラノベ リトルバスターズ! ワルキューレロマンツェ ヴァルヴレイヴ 一迅社文庫 中二病でも恋がしたい 中二病でも恋がしたい! 中二病でも恋したい! 人気投票 仮面ライダーW 仮面ライダーオーズ 体験版 境界の彼方 声優 夜桜四重奏 夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 実況プレイ 実況プレイ動画 実況レプレイ動画 実況動画プレイ 富士見ドラゴンブック 富士見ファンタジア文庫 感想 戦姫絶唱シンフォギアG 戯画 新番組 暁の護衛 最弱無敗の神装機竜 未確認で進行形 東京レイブンズ 東京レイヴンズ 洋ゲー連合 漫画 無彩限のファントム・ワールド 生徒会役員共 発売日 真剣で私に恋しなさい 真剣で私に恋しなさい! 真剣で私に恋しなさい!S 真剣で私に恋なさい! 真剣で私の恋しなさい 神楽幻想譚 神楽早春賦 神楽道中記 翠星のガルガンティア 翠星のガルガンディア 角川スニーカー文庫 配信 銀色、遥か 電撃文庫 電撃文庫「 革命機ヴァルヴレイヴ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...