最近の記事

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #24 宇宙に散る花 (最終回)







「僕が戦うのは戦いたいからじゃない大切な人を守るため。そして・・・ヒーローになるため!!」「「「「結局そこかよ!」」」」


2013年春アニメのロボ枠三つのウチの最期の一つだったマジェプリも遂に最終回。
放送開始当時はものすごい低評価で銀色のオリンシスの二の舞になるじゃね?と言われてたけれどそれが4話でおや?これはもしかして面白いんじゃね?となり8話のケレス大戦での戦闘シーンで一気に盛り上がりそして回を重ねるごとにキャラへの愛着が沸き視聴者が保護者感覚で主人公達を見守るということになるとは誰が予想したであろうか。
こういう作品が極たまに出てくるからアニメ見るのはやめられないヽ(≧ω≦)ノ
シンケンブルーとゴーカイシルバーの中の人がガチでレギュラーアフレコやってるという特撮ファンにも注目される逸品であった。
さすがにお二人とも1年間アフレコやってただけあってそんじょそこらの話題性の為だけに起用される俳優や芸人と比べると演技力は雲泥の差。ゴーカイシルバーの中の人なんか毎回早口での長台詞があったというのに本職の人がびっくりするくらい確実にこなしてたりとめっちゃ評価されてたな。

受け入れよさんが出てきて遂に切り札であるイズルさんを出さざるを得ない状況になり地球連合軍もスターローズを直接ぶつけてゲートを破壊するしか手がなくなるというガチンコ決戦状態に。
イズルがジアートと激闘を繰り広げながらも「戦え!」という己の内なる声に抗ってたけれどこの辺は第1話との対比になってるっぽいな。
1話目ではこの声に導かれるままに退却命令を無視して敵に向かっていってたけれど最終回ではあくまで本能の赴くままに戦う事を拒否して大切な人を守るために戦おうとしてる。
ここだけみても今までの戦いや出逢いのおかげでどれだけイズルが人間的に成長してるかというのがよくわかる。
闘争本能に乗っ取られてしまって死ぬまで戦い続けようとするイズルを止めるためにアサギがあえてケイを説得にいかせたのはケイの想いを知っててそれを尊重してるからか。
この辺でもアサギも成長してるというのがよくわかる。さすがお兄ちゃん!1話の頃とは完全に別人ですわw
チャンドラさんとアンジュが前回に続いてずっと喧嘩しながら戦闘してたけれどなにげにこの二人喧嘩しつつも妙にかみ合った連携してるんだよなー。
シリアス展開やってる中でロボにコミカルな動きをさせてギャグをやるとかさすがマジェプリだわ。
ケイが必死になってバーサーカー化してるイズルを説得してるところは完全に何度も説得コマンドをやって仲間にするスパロボと一致。
チーム全員に総ツッコミ入れられて元に戻るのがとてもイズルらしい。
退却しようにもジアートが見逃してくれるはずもなくなんとか戦闘を辞めさせようと割って入ったケイが攻撃喰らった時はまじで死んじゃうんじゃないの!?とびびったけれどさすがに最終回でそれはなかったか。
撤退も出来ず本当にギリギリの状態にまで追い詰められてなおその上で大切な仲間を守りたいという想いと生きたいという生存本能が高まった時レッドファイブは真の覚醒へ至るのだ!とナレーションが入ってもおかしくないくらい燃えるシーン到来。
今までの覚醒では機体がイズルのに付いてけなくていずれ自滅するような感じだったけれどあれは本当はイズルが機体を乗りこなしてなくて無理矢理動かしてたから無茶しすぎて機体が余計なダメージ喰らってたということか。
真の覚醒では飾りみたいな羽が完全に触手みたいに扱える代物になってて直接相手を摑んで動きを封じ込めるわビームはキャッチアンドリリースするわと信じられないくらいトンデモ兵器になっててワラタ
覚醒ジアートとのガチンコ対決シーンが完全にドラゴンボールになってるじゃないですかーやだー!
二期OPのジャケに載ってた羽ってまさかこの真・覚醒のものだったとは・・・。
シモン司令は最初からスターローズと共に死ぬつもりで特攻してたから脱出するように呼びかけられてもガン無視ですな。
本気のジアートに迫られてレッドファイブの両腕を破壊されてたイズルがどうやってやり返すのかと思ったらアサルトイェーガーをパージしてそれをぶつけて出来た隙を使ってコアで抜き手とか最後の最後に独自ギミックを活かした戦法で勝利とか最高だわ。
ゲート崩壊の余波に巻き込まれて反応消失してから無事に発見されるまでの流れはお約束だけれどやはりドキドキするな。
なにげにイズルを発見した時に今まで全く見えなかった山田さんの目がでちゃってたりするけれどやはり予想通りの美少女であった・・・。
いやはや最後の最後まで息もつかせぬガチ戦闘シーン満載でホントに面白かった。
同じ時期に始まったガルガンチュアも良い作品だったけれど個人的にはこっちのほうがお気に入りかな。
ヴヴヴは二期を見てからじゃないと作品としての評価は出来ないからあえて評価してません(震え声
売り上げ的にはヒット作というところまで売れてないのが残念だけれどもしかすると二期あるかもという情報自体はあったからそれに期待して二期を心待ちにしよう。
なにがともあれここまで素晴らしい作品を世に出してくれた制作陣と声優のみなさん、本当にありがとうございました!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76495836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
2012夏アニメ 2012年夏アニメ 2012年夏アニメ 2012年春アニメ 2012年秋アニメ 2012年秋アニメ 2012秋アニメ 2013年冬アニメ 2013年夏アニメ 2013年春アニメ 2013年秋アニメ 2014年冬アニメ 2014年夏アニメ 2014年秋アニメ 2015年夏アニメ 2015年春アニメ 2016年冬アニメ 2016年夏アニメ 2016年春アニメ Aliens:CM Angel Beats! B型H系 CBT CODE:BREAKER DRACU-RIOT! DRACU-RIOT!  FateUBW figma GA文庫 HJ文庫 JINKI JINKI EXTEND RE:VISION K L4D2 MF文庫J MMO portal2 PV seきらら TERA WARKING!! WarZ WHITE ALBUM2 WHITE ALUBUM2 WORKING!! XBOX360 あそびにいくヨ! さくら荘のペットな彼女 しゃんぐりら しゃーまんず・さんくちゅあり そにアニ だから僕は、Hができない でぼの巣製作所 ぬらりひょんの孫 のーぶる☆わーくす はたらく魔王さま はたらく魔王さま! まおゆう まとめ みなとそふと ゆずそふと ゆっくり実況プレイ れでぃばと アクティヴレイド アニメ アリスソフト アリス2010 ウィッチクラフトワークス エロゲ エヴァ破 オーバーラップ文庫 カメンライダー ドラゴンナイト キルラキル ギアーズオブウォー2 ゲーム ゴセイジャー ゴセイジャー  ゴールデンタイム シンフォギアG ジュラシックパーク ストライク・ザ・ブラッド スーパーダッシュ文庫 セキレイ〜Pure Engagement〜 セーブデータ ソードアート・オンライン ソードアート・オンラインU タイタンフォール ダークネス2 テックジャイアン トランスフォーマー ドラゴンエイジ ニコニコ動画 ニコ動 ニセコイ バルドスカイゼロ バルドスカイゼロ2 パトレイバー ビビッドレッド・オペレーション ファミ通文庫 プライミーバル プレイ動画 マクロスΔ マジェスティックプリンス マルチプレイ モンスターハンター ラノベ リトルバスターズ! ワルキューレロマンツェ ヴァルヴレイヴ 一迅社文庫 中二病でも恋がしたい 中二病でも恋がしたい! 中二病でも恋したい! 人気投票 仮面ライダーW 仮面ライダーオーズ 体験版 境界の彼方 声優 夜桜四重奏 夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 実況プレイ 実況プレイ動画 実況レプレイ動画 実況動画プレイ 富士見ドラゴンブック 富士見ファンタジア文庫 感想 戦姫絶唱シンフォギアG 戯画 新番組 暁の護衛 最弱無敗の神装機竜 未確認で進行形 東京レイブンズ 東京レイヴンズ 洋ゲー連合 漫画 無彩限のファントム・ワールド 生徒会役員共 発売日 真剣で私に恋しなさい 真剣で私に恋しなさい! 真剣で私に恋しなさい!S 真剣で私に恋なさい! 真剣で私の恋しなさい 神楽幻想譚 神楽早春賦 神楽道中記 翠星のガルガンティア 翠星のガルガンディア 角川スニーカー文庫 配信 銀色、遥か 電撃文庫 電撃文庫「 革命機ヴァルヴレイヴ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...