最近の記事

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #24 宇宙に散る花 (最終回)







「僕が戦うのは戦いたいからじゃない大切な人を守るため。そして・・・ヒーローになるため!!」「「「「結局そこかよ!」」」」


2013年春アニメのロボ枠三つのウチの最期の一つだったマジェプリも遂に最終回。
放送開始当時はものすごい低評価で銀色のオリンシスの二の舞になるじゃね?と言われてたけれどそれが4話でおや?これはもしかして面白いんじゃね?となり8話のケレス大戦での戦闘シーンで一気に盛り上がりそして回を重ねるごとにキャラへの愛着が沸き視聴者が保護者感覚で主人公達を見守るということになるとは誰が予想したであろうか。
こういう作品が極たまに出てくるからアニメ見るのはやめられないヽ(≧ω≦)ノ
シンケンブルーとゴーカイシルバーの中の人がガチでレギュラーアフレコやってるという特撮ファンにも注目される逸品であった。
さすがにお二人とも1年間アフレコやってただけあってそんじょそこらの話題性の為だけに起用される俳優や芸人と比べると演技力は雲泥の差。ゴーカイシルバーの中の人なんか毎回早口での長台詞があったというのに本職の人がびっくりするくらい確実にこなしてたりとめっちゃ評価されてたな。

受け入れよさんが出てきて遂に切り札であるイズルさんを出さざるを得ない状況になり地球連合軍もスターローズを直接ぶつけてゲートを破壊するしか手がなくなるというガチンコ決戦状態に。
イズルがジアートと激闘を繰り広げながらも「戦え!」という己の内なる声に抗ってたけれどこの辺は第1話との対比になってるっぽいな。
1話目ではこの声に導かれるままに退却命令を無視して敵に向かっていってたけれど最終回ではあくまで本能の赴くままに戦う事を拒否して大切な人を守るために戦おうとしてる。
ここだけみても今までの戦いや出逢いのおかげでどれだけイズルが人間的に成長してるかというのがよくわかる。
闘争本能に乗っ取られてしまって死ぬまで戦い続けようとするイズルを止めるためにアサギがあえてケイを説得にいかせたのはケイの想いを知っててそれを尊重してるからか。
この辺でもアサギも成長してるというのがよくわかる。さすがお兄ちゃん!1話の頃とは完全に別人ですわw
チャンドラさんとアンジュが前回に続いてずっと喧嘩しながら戦闘してたけれどなにげにこの二人喧嘩しつつも妙にかみ合った連携してるんだよなー。
シリアス展開やってる中でロボにコミカルな動きをさせてギャグをやるとかさすがマジェプリだわ。
ケイが必死になってバーサーカー化してるイズルを説得してるところは完全に何度も説得コマンドをやって仲間にするスパロボと一致。
チーム全員に総ツッコミ入れられて元に戻るのがとてもイズルらしい。
退却しようにもジアートが見逃してくれるはずもなくなんとか戦闘を辞めさせようと割って入ったケイが攻撃喰らった時はまじで死んじゃうんじゃないの!?とびびったけれどさすがに最終回でそれはなかったか。
撤退も出来ず本当にギリギリの状態にまで追い詰められてなおその上で大切な仲間を守りたいという想いと生きたいという生存本能が高まった時レッドファイブは真の覚醒へ至るのだ!とナレーションが入ってもおかしくないくらい燃えるシーン到来。
今までの覚醒では機体がイズルのに付いてけなくていずれ自滅するような感じだったけれどあれは本当はイズルが機体を乗りこなしてなくて無理矢理動かしてたから無茶しすぎて機体が余計なダメージ喰らってたということか。
真の覚醒では飾りみたいな羽が完全に触手みたいに扱える代物になってて直接相手を摑んで動きを封じ込めるわビームはキャッチアンドリリースするわと信じられないくらいトンデモ兵器になっててワラタ
覚醒ジアートとのガチンコ対決シーンが完全にドラゴンボールになってるじゃないですかーやだー!
二期OPのジャケに載ってた羽ってまさかこの真・覚醒のものだったとは・・・。
シモン司令は最初からスターローズと共に死ぬつもりで特攻してたから脱出するように呼びかけられてもガン無視ですな。
本気のジアートに迫られてレッドファイブの両腕を破壊されてたイズルがどうやってやり返すのかと思ったらアサルトイェーガーをパージしてそれをぶつけて出来た隙を使ってコアで抜き手とか最後の最後に独自ギミックを活かした戦法で勝利とか最高だわ。
ゲート崩壊の余波に巻き込まれて反応消失してから無事に発見されるまでの流れはお約束だけれどやはりドキドキするな。
なにげにイズルを発見した時に今まで全く見えなかった山田さんの目がでちゃってたりするけれどやはり予想通りの美少女であった・・・。
いやはや最後の最後まで息もつかせぬガチ戦闘シーン満載でホントに面白かった。
同じ時期に始まったガルガンチュアも良い作品だったけれど個人的にはこっちのほうがお気に入りかな。
ヴヴヴは二期を見てからじゃないと作品としての評価は出来ないからあえて評価してません(震え声
売り上げ的にはヒット作というところまで売れてないのが残念だけれどもしかすると二期あるかもという情報自体はあったからそれに期待して二期を心待ちにしよう。
なにがともあれここまで素晴らしい作品を世に出してくれた制作陣と声優のみなさん、本当にありがとうございました!

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #22 オペレーション・ヘヴンズゲート






「塩辛パワー!」


遂に最終決戦開始!
イズルは乗ると確実に死亡フラグを回収しちゃうからお留守番になってたけれどまさかお茶くみになってるとは・・・。しかも腰にリードが付いてるし!
イズルの代わりにアサギがリーダーとしてチーム全員を率いて出撃したけれどケレス大戦の時とは違って今回は最初からリーダーとしての自覚を持ってしっかりみんなを引っ張ってて成長したなあとなかなか感慨深いものが。
しかしいざゲートにマーカーを仕掛けようとした矢先にウルガル艦隊が出現とか完全に一番アカンタイミングで遭遇しすぎ!
相変わらずアンジュはブチ切れてると思いきやちゃんとアサギの指示を聞いたり仲間のフォローをしてたりとなにげにしっかりとチームプレイをしてたな。
パトリックを落としたルティエル機を見つけてタマキが珍しくブチ切れして問答無用で追い回してたけれどそれが結果としてはアサギがゲートに辿り付けやすくなるように囮役として役割を果たしてたのが素晴らしい。
ケイも現状を瞬時に把握してタマキをフォローしてたりとチーム内での連携がかなり良い感じになってたな。
しかしゴールドフォーの追加武装要請に応えてゴディニオンの全武装部分を分離して使わせるとか予想外のギミック活用しすぎw
ルティエルに強襲されたときブルーワンの腕に付いてるビーム回避グルグルが初めて発動してたけれどまさにこれこそ真のアサギスペシャルといった感じだったな。
その後のゴールドフォーによるゴディニオン主砲で狙い撃ちとかタマキアンカーをアンジュが鎖がまチックにルティエル機に絡めて動きを封じるとか今まで一番チームワーク発揮して戦ってたんじゃないかと思うくらいめっちゃ連携してたな!
動けなくなったルティエル機を全員でフルボッコにしてる様は完全にスーパー戦隊の恒例フルボッコと一致。
さすがのルティエル機もゴディニオンの主砲直撃には耐えきれなかったか。
戦いに美学を求めるルティエルらしく最期は悪あがきもせずあっさりと散ってた。
チームドーベルマンの仇を取ってそして遂にゲートにマーカーを撃ち込んで任務達成!と思いきや切り札のビームが完全に防がれるとかなんという展開。
あのでかいゲートをどうやって破壊するのやら・・・。
OPで出てたあの超でかい光の翼とか関係あるのかな。
次回も引き続きイズルはお茶くみ待機なんだろうか。

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #21 決戦前夜

「俺達みんながヒーローになろう。イズルのヤツが悔しがるくらいにな。」

どう見ても某ダチョウ倶楽部並のやっちゃうフラグ。

司令自らイズルに退艦するように命令してくるということは次に乗って覚醒やっちゃうと確実に人格乗っ取られるからかな?それともガチで命落としてしまうくらいヤバイ状況なのか。
イズル自身は自分が戦うための生み出された存在ということを自覚してそれでもなおヒーローになるために戦ってきたから一番重要な時に外されるというのはどうしても承諾できなかったんだろうな。
あそこまで食い下がられるとさすがの司令も戦闘に参加はさせないけれど退艦自体は見逃してくれるのね。
地球側がゲートを潰すのに全力で挑むようにウルガル側は今回が最後の狩りということで同じように全力でぶつかってくるつもりか。
まさに最終局面に相応しい総力戦になるようだ。
作戦としてはアッシュ部隊をメインにしてある程度敵を攪乱したらマーカーを撃ち込んでケレス大戦で使ったビーム兵器で一気に落とすという単純なものだけどウルガルが軍団長二人いなくなったとしても一騎当千なのがまだ四機もいるしやはり作戦通りにはいかないんだろうなあ。
前回での兄弟バレからイズルのアサギへのお兄ちゃん呼びがだんだんとナチュラルになってきてるのがなにげに怖いw
最初は家族なんてよくわからんといってたチームザンネンが今ではチーム内が完全に家族みたいなのになってるのがいいよなあ。しかしタマキにとってケイがお姉ちゃんじゃなくておかあさん扱いになってるのは添い寝してくれるからなのかw
最終決戦前のパイロットとピットクルーとのやりとりは今までの積み重ねがあるからほんといい雰囲気でてるなー。
ケイはあの駄々甘いケーキをお姉様達にダメだしくらって凹んでたけれど決戦が終わって無事に帰ってきたらまともな味のケーキの作り方を教えてもらって普通のケーキがつくれるようになるんだろうか・・・。
しかしあれだけイズルは出さない出さないと言ってるとどうしてもゲートにマーカー設置が出来なくてイズルが否応なしに出撃する展開が到来するのは確定的に明らかなんでは・・・。
司令は一体何をやらかすんだろうと思ったらまさかスターローズを母艦扱いしてそのままゲートまで発進とか最終決戦とはいえ思い切ったコトするなあw
次回からいよいよ最終決戦。やはり3話構成ぐらいでイズルが戦うのは2話中盤以降くらいになるのかな。
みんな無事に帰ってきて欲しいな(´;ω;`)ウッ…

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #20 宿命の遺伝子





「おにいちゃん///」


Aパートで沈んだテンションがBパートラストで一気に盛り上がった!これだからマジェプリを見るのをやめられねえ!

冒頭でのランディとパトリックの棺桶の横で佇むチャンドラさんの姿があまりにも可哀想すぎてアサギみたいに胃がキリキリ痛む・・・。
中身が入ってない棺桶ほど哀しいものはないな。セリフもBGMも一切ないのがさらに悲痛な想いを表しててまじきつかった('A`)
モブキャラは沢山死んでるけれどザンネンファイブにとっては身近な人間が急に居なくなるというのはこれが初めてだったんだよなあ。
あまりにも突然すぎてみんな心が追いついてないところが見ててきつかった。
チャンドラさんからパトリックが渡そうとしてた塩辛を受け取ったタマキが必死になって食べてる姿を見てるだけでもう涙腺崩壊ですよ。
これ以上ないというくらいあれでパトリックの想いは報われたな。
その後のケイに添い寝を頼みこんで一緒にベッドで語り合うシーンはケイのお姉さんっぷりが遺憾なく発揮されてて凄く良かった。オチが食べすぎによる腹痛で色々と台無しだったけれどそこはマジェプリらしくていい!
イズル覚醒回から明らかに体調がやばくなってる伏線がめっちゃばらまかれてたけれどここにきて遂にそれが回収されるイベント到来。
やはり人工的に遺伝子を弄った代償というのがきちゃうのか。
特にイズルは母方の遺伝子が白ラクスさんだから他のメンバーよりもかなり事態は深刻っぽい。
イズルの代わりにレッドファイブの起動テストにアサギが参加したらあっさりと起動しちゃって父方の遺伝子が同じということが発覚。
随分前にイズルとアサギが司令に呼び出されて他の道へ進むことも出来るとかいう話があったのは二人とも司令の遺伝子が入ったいわば子供みたいなもんだったからなのか。
ここにきてイズルとアサギの兄弟関係が発覚とかすごいイベントが来たなw
一方チームドーベルマンが命がけで見つけてくれたウルガルのゲートを破壊して進攻を阻止するために全ての政財界へ協力を要請するものの案の定打算と思惑が入り乱れてなかなか話が進まない所を今まで秘密にしてたウルガルからの亡命者である白ラクスさんという最大のカードを切って一気にまとめも持って行くとは最終決戦のためとはいえすんごい思い切ったことをしたなあ。
それにしても白ラクスさんは大気圏から直接会議に登場した所よりも露出が凄すぎて今まで以上に胸がでかく見えるドレス姿のほうが色々と衝撃的すぎて最初話が頭の中に入ってこなかった件について。
チームドーベルマンの葬儀や白ラクスさんのおっぱい交渉とかあったのに最後のアサギから遺伝子的繋がりから兄弟だということを知らされてのイズルのお兄ちゃん発言の威力が凄すぎて全部飛んで行ってしまったわw
今回もEDが特別仕様になってたけれどあの曲は2クールOPのカップリング曲にしてはそのままOP曲と差し替えても違和感ないという。
宇宙をバックにザンネンファイブとブラックシックスの光が編隊飛行してるところはすごく綺麗だったなー。
次回は最終決戦前の恒例フラグ立てエピソードだけど死亡フラグだけは立てないで欲しい(切実

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #19 ディープリーコン





「なんだよ・・・最後までガッカリだな・・・」


さらばチームドーベルマン(´;ω;`)ウッ…

登場時から已に視聴者から死にそうとずっと言われ続けていたにも関わらず今までずっと死亡フラグを追ってきたチームガッカリにもとうとう死亡フラグ回収の時が。
Aパートで他の作品では見られないくらいに任務が終わったら話があるやら戦争が終わったら許嫁と結婚などなど死亡フラグとしては王道中の王道なセオリーフラグを立てまくってたからこれはきっと今まで通りのギャグでフラグ回避するのかなと思ってたけれど思いっきり予想を裏切られてしまったわ・・・。
最後の先輩チームとの触れ合いイベントがまさかAVの鑑賞会とか色んな意味でダメすぎるw
さすがはガッカリに定評のあるチームドーベルマンなのだわ。
久しぶりのメディカルチェックでイズルだけ引っかかってたけれどあの女医さんの浮かない表情とかずっとイズルの食欲がないとか明らかに前回の覚醒イベントでやばい事が進行しつつあるという伏線っぽいな−。
食欲がないイズルにケーキを作って上げようかと優しい口調で言ってたあとスルガに対する威嚇が露骨に違いすぎてケイさん相変わらず素晴らしいツンデレっぷりを発揮してたなw
ウルガルのゲートを破壊するためにまず肝心のゲートの位置を探し出すためにチームドーベルマンがどう見ても片道切符な作戦にかり出されてたけれど前回のボス戦でアッシュは全機ボロボロだし他にやれる人間がいないから致し方ないよなあ。
ゲート自体は無事に発見したけれど案の定ゲートを護衛してるウルガル軍に見つかって決死の大逃走。
立ててた死亡フラグ的にはパトリックがなんとか生き残りそうだと思ってたのにまさか某種のニコル並に機体ごと切り裂かれて死亡とかあっけなさすぎてマジビックリしたわ。
ランディは最後までいつもの調子だったけれど血まみれの状態で機体がほぼ全壊してる中でもなんとかチャンドラを逃がすために決死の特攻をしかける所は格好良すぎた。
最後のウルガル母艦への特攻がきっかけでゴディニオンが位置を把握できたんだからマジで最後の最後まで任務を全うするために頑張ったってことだよなあ。
アッシュが使い無い中でも戦艦の照準装置を連動させて一斉射撃とかなにげにいい仕事してた。
チームドーベルマン追悼EDといえる今回の特別仕様は最後ランディとパトリックの魂がチャンドラを置いていってしまうような演出がさらに涙を誘う素晴らしい出来だったなー。
先輩チームがこれでいなくなってしまっただけにもう前回のような援護は期待できないんだがこれからチームザンネンは自分たちだけでなんとか危機を乗り越えていけるんだろうか。

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #18 都市学園防衛戦(後篇)






「これが最後のチャンスよ」


ウルガル軍団長の一角を遂に撃破!しかしまさかここまでボロボロになるとは・・・。
今回の戦闘シーンはあのジアート戦並みに凄かった!
あっちは宇宙戦だったけどこっちは地上戦だからまた違った激闘シーンですごく見応えがあった。
前回のラストでなんとか当てたビーム砲が効いてなくてびびったけれどスルガのセリフから察するに当たってなかったってことなのかな?
他のウルガル機とは違ってさすがは軍団長専用機というかあれだけ攻撃当てても損傷してなかったから自己回復能力とかでもあったんだろうか。
イズルの奮戦も凄かったけれど雑魚を相手にしてたアサギもなにげにすごい戦闘してたな。
剣を地面に突き刺して急速反転して敵の攻撃を躱すとかまさに地上でしかできない芸当をやってのけたりと格好良かったわー。
しかしあれだけイズルとアサギがあれだけ刺したのにまだ動けるとかどんだけの機体凄いんだよ・・・('A`)
イズル達がなんとか食い止めてる間に軌道上からスルガが再度狙い撃とうとしてたけれど遅すぎるエネルギー充填をパープルツーとビット艦が一緒になって手助けするところは王道展開だけど熱くていいね!
決着を付けるためにケイが立てた作戦は第4話で使ってたローズスリーのブースターを誘爆させるってやつだったが前に使った手段をとどめで使うって言うのはセオリーだけどやっぱり燃えるなー。
全機ほぼ全壊になるまで戦ってやっと軍団長一人を倒せたってこれからの相手は一体どうやって相手するんだろうか。
クレインは今回で退場するのがわかりきってたけれどまさかラダ様まで一緒にいなくなってしまうとはさすがに予想外だったわ。
受け入れよさんの話を盗み聞きしてたのが運の尽きだったけど謀反を企てたと濡れ衣を着せられて問答無用で口封じに消されるとはなんとも哀れな最期だったな。
次回はリンリン憂鬱回かね。

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #17 都市学園防衛戦(前篇)





「いってきマンモス!」


最終防衛ラインをあっさりと抜けて都市学園に直行してるクレイン隊を止めるためにイズルたちが追撃してたけれどやはりアンジュはチームにいてもスイッチが入っちゃうとチームの連携なんて糞食らえな戦い方をしちゃうから一人だけ前線の援護に向かわせたほうが無難だよなー。
あの感じだと一緒にいってたら都市学園まで巻き込んでやっちまいかねんw
ちょろっとだけウルガル側の話もでてたけれど受け入れよの人はなにげに欲望のまま事を進めてるようにみえてかなり先まで読んで色々と仕込んでるみたいだな。
ゴディニオンまで戦闘に参加してるのはこれが初めてだっけ?
母艦まで直接戦闘に参加しなきゃならん事態というのはかなりヤバイってのはヒシヒシと伝わってくるな。
地球の予備艦隊もボーナスゲームばりにホイホイ落としてあっさりと地球に降下しちゃったクレインを追ってイズルも地球に降りようとしてたけれど宇宙装備で大丈夫かと思ったらまさかローズスリーが某連邦の白い悪魔ばりに単独で大気圏突入可能だったとは。
都市学園からザンネンファイブを見てる生徒達の中に妙に作画が良いキャラがいるなと思ったらまさかの漫画版イズルさんだったでござるwまわりと作画が違いすぎて違和感がマジパネエ。
クレインとの直接対決でアサギがイズルをエースと認めて雑魚の相手を引き受けた時にブルーワンとのハーモニクスレベルが今まで最高値って自分の役割を認識して受け入れたからなのか。
イズル達がクレインをなんとか足止めしてる間にゴールドフォーが新兵器を使って衛星軌道上からのスナイピングをやろうとしてたけれどいつものように早口でお得意の銃器知識をひけらかしてるように見えて実はめっちゃ緊張してるのがよくわかるとか中の人ほんと良い演技してるよなー。
イズルが特攻かましてクレインの動きを止めた瞬間を狙ってまさに完璧な射撃を当ててだれもやったか?なんて逝ってなかったのにまさかクレイン無傷とかどんだけあの機体堅いんだよ・・・。
なんか攻撃喰らう瞬間に硬質化してるようだからあの防御システムを無力化すればもう一発当てれば勝てそうな気がするけれど果たしてどうやってクレインを攻略するのやら。
次回が超楽しみですわ。

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #16 君のヒーロー

「ウルガル軍が絶対防衛圏を突破しました!!」

ウルガル的には絶対防衛圏?なにそれ美味しいの?って感じ

イズルの精密検査が終わるのをずっと部屋の前で待ってるとかケイさんの嫁っぷりがマジパネエ!
ケイのアンジュに対する態度が痛辣なのは以前イズルのスケッチブックを破り捨てようとしたからなんだろうなあ。あとは微妙にフラグが立ってるから牽制してるのか。
白ラクスさんがウルガルから亡命したことはガチで少数の人間しか知らない極秘事項だったのね。もし他の人に漏らしたらどうなるかは結局司令は教えてくれなかったな・・・。
アッシュは超強い機体だけれど覚醒しちゃうと操縦者の人格を上書きしちゃう危険性があるからおいそれと他の所に技術提供できないのは当然だ。
イズルとアンジュのエースパイロットっぷりを見せつけられてアサギが胃が痛むどころかいつもの自己嫌悪に陥って鬱モード全開になってたけれどロリに気配り大王と慰められるとか完全にロリスキーの道にひた走ってるなw
突然の白ラクスからの会食のお誘いをデート扱いしてイズルが舞い上がってたけれど今まで女性と二人っきりで食事したことがないという発言からしてケイは女性扱いされてないというかどっちかというと完全に家族的な扱いにされてるっぽいな。
タマキとスルガがノリノリでデートのアドバイスをしているなかさりげなくケイが言ってた理想の男性像がイズルがそのまんますぎてニヤニヤ。
タマキが急にイケメンボイスを出してきた時は中の人流石だと思ったわw
アサギを付き添わせることで少しでも安心感をえようとするとはケイさんやるなあ。
あのおねだりボイスはマジでたまらん!
経済界での会議でアッシュの技術提供を断る代わりにライノスを出してきたのはなにげに両方得する形になってたな。
一機でかなりの戦闘力を持つ代わりにパイロットは専属でしかも1から育てないとダメなアッシュに比べて量産しやすく熟練パイロットなら誰でも乗れるライノスならそりゃ後者のほうが良いわ。
白ラクスとの会食とかいってたから豪華なレストランかと思いきやまさかお好み焼き屋とか予想外すぎた。
そして二人が見てる前でお好み焼きをひっくり返すのを失敗するアサギさんいつも通りで安心した。
白ラクスさんがなにか重要な事を言いそうなところでウルガル襲来でキャンセルされるとか一体いつになったら聞けるんだろうか。
次回はサブタイ的には初の前後篇。今までと違って地上戦とかまた8話みたいな戦闘シーンが見られそうで楽しみだわ。

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #15 ヴェスタ防衛






「我々が手に入れたのはプロメテウスの火だ。」


遺伝子操作で作られた学園都市の生徒達はみんな能力は高いけれどプライドも高くて協調性に欠けるから兵士としては使いにくいとかなにそれ意味ないじゃん!っというヤツの集大成みたいなのがアンジュなのか・・・。
アッシュとのハーモニックレベルが高すぎてGENKAITOPPAするとパイロットの自我が失われるとかまたしれっと重い設定を持ち出してきたな。
1話でキャラ違うと言われたイズルの熱血ヒーローっぷりとアンジュのブチ切れはアッシュ本来の自我が影響しちゃってるということなのか。
2クール目に入って回を重ねるごとにケイさんの正妻っぷりが明らかになってるけれど今回は今まで以上にすごいことになってたな。
イズルが目覚めるまでずっと側にいてしかも手を握られたうえにイズル(レッドファイブ入り)に「まさか俺のことが好きなのか?」と聞かれて手をふりほどいて否定するのかと思いきや赤面したままで否定しないとか完全に好きって言ってるようなもんじゃないですかー。
一人称が変わったり明らかに言動がおかしいのに異常に気づかれるきっかけが漫画が面白いとかどういう基準なんだw
様子見に行ったメンバー全員、男まで惚れさせるとかイズル(レッドファイブ入り)どんだけだよ(;゚д゚)ゴクリ…
このままずっとキャラが変わったままなのかと心配してたけれどまさか見舞いに来たケイの差し入れケーキで心肺停止に陥って蘇生させられたら元に戻るとか衝撃的すぎるギャグシーンだわw
ケイの作るケーキは不味いんじゃなくて砂糖食べてるみたいな甘さ全開らしいんだけれど感性が鋭いイズル(レッドファイブ入り)にはダメージでかすぎたか。
久しぶりのマンザイスルーの戦闘シーンで敵部隊の配置からステルス迷彩している部隊の位置を見切ってそこを攻撃するように指示するとかアマネさんの有能っぷりが垣間見られたなー。
そりゃ一日で2階級特進どころか3階級特進するわけだ'`,、('∀`) '`,、
いつも地球側の作戦がばれてこてんぱにされてたからスパイでもいるのかと思いきやあのステルス部隊がハッキングして情報収集してたっぽいな。
敵の数が多すぎてラビッツに援軍要請してたけれどレッドファイブが修理中でイズルが出撃できないからアサギがリーダーを担当してなんとかやろうとしてたけれどやっぱりアンジュがぶちぎれてチームプレイ?なにそれ美味しいの?状態になっちゃったから連携が上手くいかず孤立したアンジュすら助けにいけないという非常にピンチな状況に。
なにげにブルーワンがローズスリーに捕まって勢いを利用してダッシュ切りとか連携技してたな。
ピンチになってるチームメンバーを見てイズルがコアだけで出撃してたけれど前回の時に比べて動きが滅茶苦茶すごくなってたのはやはり一度アッシュが覚醒した影響か?
まさかあそこまで互角に渡り合えるとは思わなかったわw
ハッキングされて白ラクスさんが接触しているところとか都市学園の位置がばれちゃったりしてたけれど今度はいよいよ地球本体に奇襲をしかけてくるつもりか。

article-32.png銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #14 アッシュの影






「だから約束して欲しいのです。なにがあっても必ず生きて帰ってくると。」

色々と凄かった(小並感


追加戦士は能力的に万能型というお約束をマジェプリのほうでも採用されてるらしく新メンバーとして加入してきたアンジュはアサギよりも戦略指揮が上手くスルガよりも銃器の知識や扱いが上手くケイよりも料理が上手いというまさに万能キャラっぷりを発揮してた。
でもどれだけ万能キャラでも実際の戦闘でブチ切れバーサク化しちゃったら命令無視で好き勝手暴れ回るだけしかしないからチームメンバーとしては一番使えないキャラなんだよなあ('A`)
ケイの作るケーキはクリームの甘さとか一切無しで完全に砂糖食べるような感じだからみんなに不人気なのか・・・。あの原色っぷりを見ると昔の洋画に出てくる子供用の菓子を思い出す。
未だにアンジュの性別不明ネタをやってたけれど先輩にもらったリンリン似のAVをアンジュに見せても冷静にこの女優の演技がダメとか冷静に分析して批評しそうな予感。というかまだ持ってたのかよ。
2クール目になって以前よりもケイが嫁っぷりを発揮しはじめたのに危機感を感じたのかテオーリアさんが急に出てきて露骨なフラグアピールをしてたけれどイズルのヒーロー願望は学園都市の寮で見つけたヒーロー雑誌を読んで生まれたというわけではなく記憶を消される前からそういうのを持ってたとかさりげなく重要な情報を出してきたけどなんか好意を持って接してるという風には見えないなー。なにか裏がありそうな気がする。
今回はただの繋ぎ回かと思いきやBパートでは今まで以上に激しい戦闘シーンがてんこ盛り。
マンザイスリーを助けにいったら久しぶりに受け入れよの人が襲ってきたけどアレ完全にイズル達がくるのをわかってて待ち伏せしてたよな。
以前から作戦がばれてるような感じがしてたしやはり情報がどっかから漏れてるのかな。
OPに出てくる四つ目のレッドファイブスーパーモードはいつ登場するんだろうと思ってたらまさか今回から早速出てくるとは流石に予想外だったわ。
前回では無双しまくってたブラックシックスも受け入れよの人にとっては遺伝子を取るに値しない雑魚扱いとか弱体化早すぎる。いやジアートが強すぎるだけなのか。
ケレス大戦以来のガチンコ対決は最初はジアートに押されまくりであわやもう少しでやられるという絶体絶命のピンチに陥ったけれどテオーリアさんとの約束を思い出して1話以来の覚醒発動。
変形するの顔だけかと思ったら機体全体がめっちゃ変形するのね。
フェイスオープンはF91っぽいけど体がパカパカ明いていくのはユニコーンガンダムっぽい。
前回の対決ではブレードを折られたけれど今回はジアート対策のチェーンソーを持ってたおもいっきり切り結んでたなー。
イズル覚醒で一気に形勢逆転した今度はジアート機が変形して同じような超機動の鞭持ちバージョンに。
搭乗者との同調値がより高くなると機体がそれに応える形で変形するのはウルガル製機体の特性なのかな?
それにしても今回の戦闘シーンは本当に凄かった。
超高速で動きつつ何度も斬り合ったり撃ち合ったりしてるけれど早すぎてなにをしてるのかわからないということはなくちゃんと何をやってるのかわかるとかなにげに凄すぎる。
宇宙空間ならではの上下からの攻撃とかもちゃんと盛り込んであったしこんなに凄いロボ戦闘はぶっちゃけほとんど見たことがないわ。
まだ中盤くらいなのに頑張りすぎだろw
イズルの反応速度が速すぎて機体が変形してもそれに追いつけなくなってボロボロになるのはどれだけ操縦者が凄いのか伝わってくる良い演出だな。
大抵こういう場合は後継機が出てくるもんなんだけれどレッドファイブは後継機じゃなくて強化改修されそう。
そういえばなぜか急にパトリックがタマキに惚れだしてたけれどアレはちゃんとフラグ成立するんだろうか・・・。
EDがまさかのケイソロバージョン。ということは次はタマキソロバージョン?
次回予告でイズルが潰シュー並に歯をキラーンとさせてたけれど一体何があったw
タグクラウド
2012夏アニメ 2012年夏アニメ 2012年夏アニメ 2012年春アニメ 2012年秋アニメ 2012年秋アニメ 2012秋アニメ 2013年冬アニメ 2013年夏アニメ 2013年春アニメ 2013年秋アニメ 2014年冬アニメ 2014年夏アニメ 2014年秋アニメ 2015年夏アニメ 2015年春アニメ 2016年冬アニメ 2016年夏アニメ 2016年春アニメ Aliens:CM Angel Beats! B型H系 CBT CODE:BREAKER DRACU-RIOT! DRACU-RIOT!  FateUBW figma GA文庫 HJ文庫 JINKI JINKI EXTEND RE:VISION K L4D2 MF文庫J MMO portal2 PV seきらら TERA WARKING!! WarZ WHITE ALBUM2 WHITE ALUBUM2 WORKING!! XBOX360 あそびにいくヨ! さくら荘のペットな彼女 しゃんぐりら しゃーまんず・さんくちゅあり そにアニ だから僕は、Hができない でぼの巣製作所 ぬらりひょんの孫 のーぶる☆わーくす はたらく魔王さま はたらく魔王さま! まおゆう まとめ みなとそふと ゆずそふと ゆっくり実況プレイ れでぃばと アクティヴレイド アニメ アリスソフト アリス2010 ウィッチクラフトワークス エロゲ エヴァ破 オーバーラップ文庫 カメンライダー ドラゴンナイト キルラキル ギアーズオブウォー2 ゲーム ゴセイジャー ゴセイジャー  ゴールデンタイム シンフォギアG ジュラシックパーク ストライク・ザ・ブラッド スーパーダッシュ文庫 セキレイ〜Pure Engagement〜 セーブデータ ソードアート・オンライン ソードアート・オンラインU タイタンフォール ダークネス2 テックジャイアン トランスフォーマー ドラゴンエイジ ニコニコ動画 ニコ動 ニセコイ バルドスカイゼロ バルドスカイゼロ2 パトレイバー ビビッドレッド・オペレーション ファミ通文庫 プライミーバル プレイ動画 マクロスΔ マジェスティックプリンス マルチプレイ モンスターハンター ラノベ リトルバスターズ! ワルキューレロマンツェ ヴァルヴレイヴ 一迅社文庫 中二病でも恋がしたい 中二病でも恋がしたい! 中二病でも恋したい! 人気投票 仮面ライダーW 仮面ライダーオーズ 体験版 境界の彼方 声優 夜桜四重奏 夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 実況プレイ 実況プレイ動画 実況レプレイ動画 実況動画プレイ 富士見ドラゴンブック 富士見ファンタジア文庫 感想 戦姫絶唱シンフォギアG 戯画 新番組 暁の護衛 最弱無敗の神装機竜 未確認で進行形 東京レイブンズ 東京レイヴンズ 洋ゲー連合 漫画 無彩限のファントム・ワールド 生徒会役員共 発売日 真剣で私に恋しなさい 真剣で私に恋しなさい! 真剣で私に恋しなさい!S 真剣で私に恋なさい! 真剣で私の恋しなさい 神楽幻想譚 神楽早春賦 神楽道中記 翠星のガルガンティア 翠星のガルガンディア 角川スニーカー文庫 配信 銀色、遥か 電撃文庫 電撃文庫「 革命機ヴァルヴレイヴ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...